アレルギーを知ろう 小さな異変を見逃さないで!

家庭の延長のような仕事

古くから掃除と料理は女性の仕事と成されて来ました。現代では、イクメンと呼ばれるように夫婦揃って家事をこなすところも多いようですが、まだ一般的ではありません。
そうした家庭での仕事の延長が仕事に大きく関わってくる場合も存在します。そうした例の一つが、学校での給食の製造。義務教育の期間の中、ほぼ毎日の様に味わった給食。女性にとっては日々の献立を作る作業の延長線上にあるといえませんか。こうした作業を行う上で注意しなければならないのが、アレルギーを持った子供に対する配慮です。もし給食を食べて症状が発生したら大騒動、その為そうした症状を持つ子の為に特別なメニューが作られます。ここで注目されているのが羊毛です。こうした症状を発生する事が少ないとして注目を集めています。この他にも、家庭の仕事での延長として行われている仕事の一つに、部屋の掃除が有ります。仕事が忙しい等、様々な要因が重なってついつい後回しにしてしまう家の掃除ですが、放置しすぎて自分では何とも出来ないという事態に発展する事も、ここで問題と成るのがカビやダニ等のハウスダストや水場に存在するカビ、こうした物はアレルギーを引き起こしやすく、喘息等の健康被害に繋がる事もあり、時として非常に恐ろしい存在と成りえます。また、部屋が散らかっていると物が無くなり易い、動き辛いといった問題も発生するので、部屋の掃除を依頼するという行為が行われる様になったのです。また、これらの仕事は日常に存在している行為の延長線上に位置しており、確かに特別なスキルが必要とされる場合もありますが、女性に深い関わりがあるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です